Loading


フルオラス科学研究会


フルオラス科学研究会第7回シンポジウム(札幌)開催のお知らせ
プログラムはこちらからご覧いただけます



日時: 2014年9月9日(火)9:30~17:00
場所: 北海道大学 百年記念会館
特別講演: 「イオン液体中での有機電解合成—フッ素化合物を中心として」
 (東京工業大学)淵上 壽雄 特命教授・名誉教授
「フルオラス化合物と光反応」
 (岐阜薬科大学)伊藤 彰近 教授
「gem-ジフルオロシクロプロパン誘導体の合成ならびにジフルオロメチレン合成ブロックへの展開」
 (鳥取大学)伊藤 敏幸 教授
「親フッ素—親油—親水バランス評価法の開発と適用」
 (旭硝子)中島 陽司 博士
講演申込締切: 7月22日(火)
講演申込方法: (1)講演題目、(2)発表形式(口頭かポスター か)、(3)所属、(4)発表者氏名(講演者に○)、(5)連絡先(氏名、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、e-mailアドレス)、(6)概要 (200字程度)、(7)情報交換会参加の有無を明記の上、e-mailで下記宛お送り下さい。
講演時間は、口頭発表は15分(発表12分、討論3分)、特別講演は50分(発表 45分、討論5分)を予定していますが、発表件数によっては多少変動するかも知れません。ポスターを貼るボードの大きさは「横90 cm・縦200 cm」の予定です。
講演要旨締切: 7月22日(火)必着。
作成要領はこちらをご覧ください。
参加申込方法: 氏名、所属、連絡先(住所、電話番号、e-mailアドレス)、情報交換会参加の有無を明記の上、7月22日(火)までに、e-mailにて下記宛お申し込み下さい。
参加費 会員は7千円、学生は3千円、企業などからの参加者は8千円です。
当日会場受付でお支払いください。
なお、個人会員の方は年会費2千円も当日会場受付でお支払いください。
情報交換会 9月9日(火)17:30~20:00、北海道大学「エンレイソウ」にて行います。
申込・連絡先 〒001-0021 札幌市北区北21条西11丁目
北海道大学 次世代ポストゲノム研究センター 門出 健次
TEL: 011-706-9041
fluorous[at]sci.hokudai.ac.jp
([at]を@に変えてメール送信してください)





野口遵研究助成金 野口遵賞 GlycoNAVI フルオラス科学研究会
Copyright (C) 2001-2017 The Noguchi Institute All Rights Reserved.